Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

イタリア 音楽 - 3 - ルーカ カルボーニ 1 / 7

お疲れさまです !!!

 

今日は暑〜かった〜〜〜ですね ?

こんな初夏のような陽気だと

ついつい。。。 

 

海〜 うみ〜 マ〜レ マ〜レ mare  mare 。。。

 

でこの曲が頭の中を駆け巡り。。。体が動き出して。。。指まで。。。

今日はルーカ カルボーニさんの『mare mare』を 勝手にアップしてます。

 

ルーカ カルボーニさんはボローニャ出身で元ロックグループTeobaldi Rockの作曲家でギターリスト。1984年ソロ活動開始。ポップ・ポップロック・シンガーソングライターで現在まで17枚のアルバムをリリース。夏向きのイケイケソングから恋・失恋・ボローニャの街を絶賛する曲など80年代に若者だった世代から現在まで多くの熱狂的ファンがいます。

 

今回はデビュー初期の3曲を

1984年『… intanto Dustin Hoffman non sbaglia un film』アルバムから 『Ci siamo sbagliando』(僕たちは間違ってる)をリリース。数週間でトップ20入りし夏のヒットソング入り。パニナーロたちの間で大流行しました。

みんな僕たちは間違ってる。重い鉛の足枷をつけて、我々は一人じゃない、1億人ぐらいいるはずだ、1億個の心を持って、1億のやんちゃ坊主、落書きしたり、猫のように昼はじっとして夜も活動的に、愛し合って、いたずらもして、時々普通で、バカにされないようにしなくっちゃ、人生っていいもんだよ。

 

1985年同アルバムから『Fragole buone buone』(美味しいおいしいイチゴ)をリリース。ちょうど今の時期には頷ける曲ですよね。

。。。なんですが、大好きな彼女を奪われて、せっかく純粋な自分の気持ち(イチゴ)の持って行きようのない様子を歌ってます。

 

そして

1992年『Carboni』からシングルリリースされた 『Mare mare』(海〜うみ〜) 。

同年秋にはサマーシーズンのベストシングルとされ、1993年・1999年・2003年・2007年のアルバムに再登場し、2013年の『Fisico & politico』アルバムにはCesare Cremoniniとデュエットで再再々リリース。毎年のことですが、これからのシーズンには欠かせない一曲です。イントロがかかった瞬間、歓喜と笑顔で踊りだします。。。(60代未満)

中古のバイク買ったんだ、満タンにして高速を走るんだ、コーヒを飲んでボローニャを出発して、夜明けのうちに、君は待っててくれるだろう、海・海・海、早く着きたい、でも知ってるかいみんな心の中に海を持ってるんだ、時々波打つことあるじゃないか、海・海・海、それぞれ突き進むべき夢を持ってる、浮かんでなくっちゃ、沈んじゃだめだ

Mare mare

Mare mare

  • Luca Carboni
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

みなさんも こんな曲聴きながら。。。

海に行きたい気分になりませんか ???

 

。。。続きがあって

岸壁までたどり着いて女の子たちと喋って、でもお目当ての彼女は不在、眠くなって来た、君が居ないなら何しにきたんだ。(と自戒しつつも。。。) 海に来てる女の子みんなとハグしたい。。。帰ろ、何時ものように挫折しに来たようなもんさ。

 

。。。ありがちですね。

 

お付き合いいただきありがとうございます。