Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

イタリア 旅行 - 1 -

イタリア(だけでなく欧州全域)の長距離移動で便利なのは、やっぱり飛行機。

以前は大手航空会社しかない状況だったので高くて大変だったけど、今はやっぱり欧州のLCCが安くて時短で便利。例えば

-. Easy jet

メリット : メジャーな空港からの発着があり、出張や荷物が少ない旅行時は搭乗手続き時間も短縮できるし、前もって予約すれば信じられないほど安い。

デメリット: 早朝便や最終便は時々遅れる。トランクは別料金がかかる(予約時に支払ったほうが、空港での手続きより安い)。席を選ぶと別料金(・・・真ん中の席なることも、特に予約が1週間以上早すぎると)。手荷物の個数や大きさに制限がある。(ドリンク類は機内販売あり。)

 

他にもRyanairがあるけど、空港が不便。(スペインならVuelingはいいかも)

 

車は右側通行で自分で運転するのに問題がなければ、どこにでも行けるので行動範囲は広がる。

 

他にも中長距離高速バス。地方に行くのには非常に便利。

オリビエート・ペルージャアッシジ行くならローマから、サンジミニャーノシエナに行くならフィレンツエから。青の車体が目印。

。。。ただし、日本の様に穏やかで礼節を持った運転や対応を期待しないこと。

まるで「ラリーのドライバーか?!」とツッコミを入れたくなる様な元気溢れる加速減速(旅行者なら飛行機で使ったエアー枕をした方が安全かも。と思ってしまうほど。)で寝るのには全く不向き。

 

列車(Ferrovie Italiane)旅は景色や人とのふれあいで、味のある旅ができるかな。

空港に行って荷物を預けてとか飛行機移動はロスタイムが多い。列車では、ミラノの中心地からローマの中心地まであるし目的地が市内ならこっちが便利、昔と違って3時間(フレッチャロッサ=高速列車)で行けちゃう。トランクなど大きな荷物を持っていると、女性の場合はみんな(おじいちゃんも)で助けて棚に載せてくれたり。。。 1等車(Primo classe)だと料金は2等車(Seconda Classe)の2倍ほどかな。 どちらも予約はしておいた方が良い。最近の一等エクゼクティブの座席は138度のリクライニングとフットレスト付き革張りの格別な贅沢。

地方や田舎行きでは古い列車だと2等車は6人席(1当社は4人)のコンパートメント(個室)が多く、旅行での触れ合いが楽しい(寝たい人には不向き)。

ローマ以南から北上する列車のコンパートメントは特に人の暖かさを感じる。

予約した席に座ろうと扉を開けると「知り合いなんだ」と思える勢いで数人が楽しそうに(結構大きな声で)談笑中。挨拶程度のイタリア語ができればすぐに捕まる「どっから来たの?」「どこ行くの?」てな感じからどんどん巻き込まれる。昼食時間帯だったりすると「食べるかい?」と自分用の食べ物も勧めてくれる。(勝手に)知り合いと思ってたら「会えてよかった。皆んなのおかげで楽しかったよ。引き続き良い旅を〜」なんて言って降りていく。残った人に「あの人知り合い?」と聞いても「XXから乗ってきた。初めて会った人。」とのこと。「連絡先とか交換しないの?」「別に」だって。

知らない同士が共有する空間(時間)を一緒に楽しく過ごす術を色々と持っていて、笑顔で人を楽しませることが格段に上手い。勉強になる。

 

そして最後には必ず心に残る    Grazie a tutti ...(皆んなのおかげで...)