Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

ペースト ジェノベーゼ  - 1 -  “ ワールドチャンピオンシップ ” 1

世界中どこに行ってもやっぱり「ナンバー ワン!」って魅力的 ?!

 

。。。幼稚園の徒競走に始まって〜小学校からはクラスで1番〜スポーツで一番〜チーズ転がしコンテスト〜奥さん運びレース〜赤ちゃん泣きコンテスト〜変顔コンテスト〜ギネスブックに載る世界ナンバーワン・・・色んなナンバーワンがありますよね。

 

イタリア食業界でも、美味しいピッツァ国際コンテスト(2回ほど審査員を経験)・ピッツァ早広げコンテスト・ピッツァアクロバテイックコンテスト(なぜかダンス)などちょっと変わったコンテストでナンバーワンを競ってますが。。。

へ〜〜〜っと思ったワールドチャンピオンシップが3月17日に行われます。

 

「 第7回 ペースト ジェノベーゼ  ワールドチャンピオンシップ 」 

 

正確には “Il Campionato Mondiale di Pesto Genovese al Mortaio®️”との名称で、過去2年間の予選を勝ち抜いた世界各国100名(リグーリア州出身者50名・他州25名・外国人25名)のツワモノが競うようです。(審査員は国内外のジャーナリスト・シェフ・専門家の30名)

 

午前中に予選が行われ10人に絞られ、午後の決勝でチャンピオン決定。

「一番遠くからの参加者」と言う特別賞や子供部門もあって和気あいあいな様子。

 

ジェノバ風ペーストの普及の一環として行われ、昼食はこのソースのパスタ、夕方はバジリコ味のジェラート(?!)が振る舞われるそうです。ユネスコ無形文化財登録を目指し12日から18日は、署名活動や啓蒙活動がリグーリア州全域のレストランで行われるとのこと。

 

f:id:grazieatutti:20180313173054j:plain

ペーストのメイン材料「バジリコ」は熱に弱く香りや色が簡単に失われるため、

 

大理石の乳鉢( ↑ )で擦り潰します。他に粗塩・松の実・ニンニクそれぞれの分量とすり潰し具合が重要で、おろしパルメザンチーズ・Fiore Sardo(サルデーニャ島のチーズ)・リグーリア州エキストラバージンオリーブオイルの量と絶妙な合わせ具合やタイミングがポイント。

f:id:grazieatutti:20180313173012j:plain

 

。。。ところで、ご家庭ではどなたがナンバーワン ?

ご主人 あなたですか ?!

。。。いやいや奥様でしょ〜〜

(。。。人生はまだ長いはず、譲りましょ・・・ ワンじゃない方が気が楽です。。。)

 

次回はこのソースの歴史や作り方・使い方などご紹介したいと思います。

来年のコンテスト目指して作ってみませんか ???

 

- 2 - へ続く(予定) 

 

Campionato mondiale di pesto al mortaio