Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

イタリアで違いを感じたこと - 4 - 医療機関 3

前回の続き、今日は午後16時に再発。からです。

 

おつきあいのほどよろしくお願いいたします。

 

そうです。またあの右側に二つ折れになる痛み。。。

朝もらった薬を飲めど。。。変化なし。

 

f:id:grazieatutti:20180413185507j:plain

もう一度あの病院に行くのは「なぜか」気が進まず。やむなく奥の手を。。。

ミラノで兄熊と慕う親友の奥方様へ連絡。

 

早くも道はそれますが、

(私ごとで)この親友との共通項の多さ。本人同士は同年生まれ、彼の妹と自分は誕生日一緒。彼の奥さんと自分の妹の誕生日一緒。姪と息子殿が同年生まれ。極め付けは両母で、生年月日同一。で?(すみません)

 

。。。ミラノ在住及び訪問者の方々が病気・怪我・事故等で医療機関にお世話になる折に、ほぼほぼ100%解決下さる有能な方で、イタリア人もビックリなスゴ腕日本人女医さん(現在は他国で腕をふるっておられます)の元秘書さんだった方。

 

症状と経緯と「近場の救急病院」に知り合いはいないかを問い合わせつつ、時間があったら申し訳ないがヘルプを嘆願。(テニスで肉離れしてもおとなしかったのに、あんな形相で痛がってるの初めて見たと。兄熊殿はその後も酒のツマミにしてくださいます。)

希望した救急病院は一番古く良い先生もいるからいいだろうとの同意を得て行った待合室での光景。。。

 

古い病院はベンチも石造り。

そこには大の男が鈍行列車より凄いトンデモナイ大音響でイビキをかいて爆睡中。

一瞬でもこちらの痛さを?と思わせてくれた分はありがたくも。。。

次の瞬間

 

「ドッダーン」

 

下に落ちた後も動かず、あまりの出来事に見とれてしまいましたが、

不思議なことに受付の人も警備員も周りにいる人たちも

一瞥するものの だーれも手を貸す人いません。

人間が出す音とは思えない音はその間ずーっと。

 

痛みがなぜ自分がここにきたかを思い出させてくれ、

鬼の形相と身悶え動作復活。

仕事のアポで待たされる30分に比べどんだけ長かったことか。。。

 

簡易ベット+粗い紙は前回の救急病院で洗礼を受けていたのでもう驚きませんが、今回は幅広な廊下に放置。(9月中旬でも厚い石壁の建物内側は寒い)

45分ぐらい経って、ご同輩ぐらいの女医さんと看護婦さん登場。

症状を説明して痛み止めの薬を見せた途端、大爆笑。

「あんたの痛みはコレ10粒飲んでもダメよ。だってコレ頭痛か生理痛のための薬よ。あんた髭生やしてんのに生理痛と間違われたの?どこの病院?あーあのバカばっかりの病院〜生きててよかったわね。」なんてカラフルなんでしょう。

そして採血跡を見て真顔で「よく死ななかったね。」(。。。絶句)

 

こんだけ原色でお話くださる先生なので、外の光景を質問。

「イビキは生きてる証拠!」

?!?!?! (言ってる意味がわからない???)

「薬のやり過ぎで死にかけだったのを助けて、夜外に転がすのはあまりにもかわいそうだから、目の届くところに。他の患者さんに迷惑なんだ。目が覚めたら叩き出す!結構多いんだよ困ったもんさ。」(。。。なるほど。)

 

幅広の廊下に放置されたまま点滴と数時間経ち処方箋も頂き。

3時間も待っててくださった奥方様に大感謝を伝え「大丈夫大丈夫、手術が絡むと1日半ってこともあるし。」とのお言葉に。。。大変なお仕事と今回のお礼に改めてワインをお届けることを誓い。。。

「かの女医と私が勤めてたプライベート病院で検査しといた方がいいかもね。」のアドバイスで数日後。。。(もう病院たらふくで、嫌なんだけど。)

 

プライベート病院の女医さんがコレまた。。。

事前に奥方様から「恐ろしい感じがすると言う日本人も多いけど、名医だから心配しないで。」と前フリ。

ご登場早々隣室の同僚を壁越しに罵倒しつつ、部下にも鬼瓦のような形相で次々ダメ出し。。。何より凄いのがラッパーだってもうちょっと少ないんじゃない?と思うほどの金のブレスレットに指輪にネックレスの数数々。。。(自分がどんな呆けた顔をしていたのか。ご想像にお任せいたします。)

と、こちらを向いた瞬間、絶世の美女のような微笑み。(頭の中は「メドゥーサに見られた者」)

奥方様が説明してくださる間、子供や動物が病院から早く逃げ出したい様子を思い出し。。。(行動に移せず)

両腕の採血跡を見て大爆笑され、ニコッとしながら「孫が明後日誕生日でね。今日はコレからプレゼントを買いに行くのよ。」と突然「は?」と気が散った瞬間音にもならない「プッ」で採血。(上手過ぎる!感動)

ここ数日の体験で思わず先生が大名医に見えた瞬間。

 

人は見た目で判断してはいけません。

 

奥方様のおかげでかかった治療費全て海外保険で処理されました。(海外保険は必須です!)

 

2回目の救急病院で言い渡された症状、

「多分だけど尿路結石だね。ビール好きのおっさんがなるな。シュウ酸が固まってなりやすい。毎日2リットルぐらい水飲んどけば。」

 

原因も多分としか言われないちっぽけな石が詰まったかどうかで七転八倒する輩が出産なんて。。。耐えられるわけがない。 ムリムリ! (女性はやっぱりスゴイ)

 

今日も最後までお付き合い下さりありがとうございました。

 

また何か思い出すまで医療関連は ピッコロ リポーゾ(小休止)です。