Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

Viaggi (旅行)

イタリア 夢か?! 古代ローマ騎馬戦車 爆走す!

古代ローマ騎馬戦車。。。 どんな様子をご想像されますか ? 今日もお付き合いのほどよろしくお願い致します。 // 古代ローマを題材にしたいろんな映画でご覧になるかもしれませんが、 ご年配の方々はベンハーのこんなシーンや若者や自称若者はグラデイエー…

イタリアで違いを感じたこと - 10 - 友達 3 羽目を外す 4

「優秀な奇人変人」や「赤子が小学生低学年の手をひねる」& 「悶絶寸前の苦行」を思いもよらない体験ができる国外の醍醐味(?)をご紹介致しました。 やっぱり暑いと想いは海。。。 今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 // ミラノが便利なの…

イタリアで違いを感じたこと - 10 - 友達 3 羽目を外す 3

イタリアで知り合える「優秀な奇人変人」や大人社会の「赤子が小学生低学年の手をひねる」珍現をご紹介致しました。 今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さてビーサンでの山歩き帰路は、ウルトラマンのピコピコを通り過ぎ。。。 カモッリの友…

イタリア語 7 ピノッキオとゼッペット爺さん(ピノヒオとベッペ)

結構怠けた人生を送ってるわりに鼻は定位置。。。 子供の頃のしつけを不思議に思い出しつつ教える大人。。。なってみるといろんなことがわかりますね。 今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 // さて先日「ホハホーラ」をご紹介したトスカーナ…

夏 ! ハッピー アワー !!  Happy Hour !!!

この度の大雨で災害に遭われている皆様へ 心からお見舞い申し上げます。 // いい天気過ぎる暑さで始まりましたね今週は。。。 今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さあ〜 ビールが一段と美味しい季節ですねえ。 特に今日のような天気だと。。…

イタリアで違いを感じたこと - 11 - 泥棒事情 2 自転車泥棒

ナビやアウトラーディオ(カーラジオ)の泥棒事情をご紹介したところ、あんこ (id:heatrip) さまからコメント頂き、パリの自転車泥棒事情をご教示頂きました。 そこでイタリアの自転車泥棒。。。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 // 1948年公開…

イタリアで違いを感じたこと - 10 - 友達 3 羽目を外す 2

前回ミラノ在住中に知り合った頭脳明晰な優秀な変人に出会った経験をご紹介しました。 出会えるのは、「へそ曲がり族」もいます。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 // いろんな集まりで優秀な奇人変人に出くわすと自分がいかに「才能ナシ」かを…

イタリアワイン 8 フェラーリ ?!

カーマニアでなくても「あの真っ赤なフェラーリのワイン ?!」 と思われたかもしれませんが。。。( ̄∀ ̄) 今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 // (即答で。。。) 綴りはFERRARIとFERRARI Spumanteほぼ一緒なんですが残念ながら、違うんです…

イタリア語 6 方言 トスカーナ

方言は出身地がわかると共に、「故郷がある人」となんとなくホッコリ心温まるのは自分だけではないと期待しつつ。。。 東京人に喧嘩売ってるわけではありませんよ。 。。。ただそれぞれの地域で季節の香りや景色など自然を感じられる「豊かさ」もいいなあ〜 …

イタリアで違いを感じたこと - 9 - 運転 2 ナビ

ハイテクノロジー国家日本とローテクノロジー(アナログ)国家イタリアはすべからく、技術力を持った造る「人」と使いこなせる顧客の「人」の能力バランスによると。。。 今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 マニュアル車の普及率とそれに頭…

2018年度 世界トップ50ベストレストラン 発表 !  世界の超一流レストラン

2018年度の世界トップ50ベストレストランが発表されました。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 The World’s 50 Best Restaurantsとは。。。 ロンドンで設立した出版社William Reed Business Mediaが、ファインダイニング(高級食材を使い味だけで…

イタリアで違いを感じたこと - 2 - 仕事 8 夏休みと出荷

イタリアで仕事する上で、日本と違う習慣を色々とご紹介してきましたが、今日はこの時期になると日本人がピリピリし始める内容です。 おつきあいのほどよろしくお願いいたします。 // ミラノ在の商社勤務時代は5月下旬に、従業員の夏休みが被らないように勤…

イタリア語 5 「羊の100年よりライオンの1日で生きた方がいい」

魔法の言葉・危険なお名前・不思議な乾杯などなどイタリア語についてご紹介してきました。お楽しみいただけてるでしょうか。 今日もお付き合いのほど宜しくお願いいたします。 // 日本は開発力がイタズラ力を上回り、余り見かけることのなくなった「壁の落書…

イタリア ワイン 7 フランチャコルタ Franciacorta

本格的な夏に向け、ここのところシャワシャワ発泡性のイタリアワイン(ランブルスコ・スパークリングワイン・プロセッコ)をご紹介してきましたが、お楽しみ頂けておりますでしょうか。 今日はおフランスのシャンパ〜ンの向うを張って、「イタリアだって!」…

イタリアで違いを感じたこと - 5 - 不便を楽しむ 2-2

皆さま ありがとうございます。 おかげさまで 当ブログを始めて今日で4ヶ月が経ちました。 いまだにわからないことや謎が増えるばかり、飽きる余裕もなく楽しく過ごさせていただいております。 心から感謝申し上げます。 さて、前回の不便を楽しむは、大変な…

イタリアで違いを感じたこと - 10 - 友達 1

よく「イタリアと日本どっちが好き? 」と聞かれます。 ほとんどが国外在住経験のない方からの質問。。。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 考えることは 「どう答えれば、質問者の気分を害さないか ?」 探りをいれる。(ズルイ!) // どこに住…

イタリアで違いを感じたこと - 5 - 不便を楽しむ 3 支払い 1

日本と比べると不便なことが多いイタリア。 それも楽しむ気持ちや面白がる気持ちがあれば、それなりに日々楽しいことが増えます。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 日本ではもはやキャッシャーで人間がお釣りを数える風景も無くなり、どんどん自…

イタリアで違いを感じたこと - 5 - 不便を楽しむ 2-1

// 前回の不便を楽しむは、80年第中盤のイタリアから日本への電話方法でした。 結構あれから「不便を楽しむ」の話題は時間が経ってしまいました。。。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 蒸し蒸しシーズンにはちょっとアレな話題ですが。。。 帰国…

イタリア食の歴史 シチリア島 8

前回は、アラブのおかげでクスクスがシチリアに到来したところで終わりました。続きもまた「へ〜」と思っていただけるでしょうか。。。 おつきあいのほどよろしくお願いいたします。 クスクスが到来するとともに、乾燥パスタも持ち込まれた。 パレルモ近郊の…

イタリアで違いを感じたこと - 8 - 学校 2

前回は14歳以下の送迎付き添いについてお伝えいたしました。 イタリアの子育てもなかなか大変ですよね。 そして5月も今日で終わり、6月に入ると家族にとって大変な3ヶ月が始まります。 今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 // イタリアでは学…

イタリアで違いを感じたこと - 9 - 運転 1

// 欧州で日本と同じように左側通行の国は唯一島国の英国。 横断歩道に近づくと減速し通行人や自転車を確認する礼儀正しい国。 今日は運転に関する話題です。 おつきあいのほどよろしくお願いいたします。 さて何故か右側通行+ラテンの国(スペイン・フラン…

イタリア語 3 言い回し 3 per favole

// イタリアで使う時に気をつける方がベターなお名前や言葉について前々回と前回触れました。自分の意思をハッキリ伝えないと異星人扱いされる件や安全かつ潤滑な会話方法、女性は全知全能の神様であることも。 今日はその全知全能の神様がお使いになる「魔…

イタリア ワイン 3 Taurasi (タウラージ)

// 前回は「ライチの香る北イタリアの白ワイン」にたくさんの方々にご興味頂き誠にありがとうございます。(当ブログ即トップ10にランクイン) そこで今日は本格的に蒸し暑くなる前に、ドシッと重たい美味しい赤ワインをご紹介したいと思います。 今日もお付…

イタリア 6月のワイン関連イベント

// どんどん暑さが増して来てますね。 蒸し蒸しもやって来そうですね。 そんな時はカラッと美味しい発泡酒 いかがですか ? さて6月ワイン関連イベント情報です。 梅雨も蒸し暑さと違う夏を迎えるイタリアでは、展示会が少なくなり、どちらかというともう夏…

イタリア語 2 失敗話 4

// 前回は「似たような言葉の言い間違い」でしたが、いかがだったでしょうか。 間違える方が後々役に立たせるカードが増えるということで、 失敗を恐れず生きましょう!(自分標語の押し売り) 引き続き今日もお付き合いよろしくお願いいたします。 イタリア…

イタリア食の歴史 ワイン 7

// 前回は、Vinum Falernumからトンデモナイ薄め方をした飲み方まで色々でしたが、いかがだったでしょうか。 今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ギリシャや小アジアからのワインは樹脂やハーブや蜂蜜などいろんな香りづけがされていた。 シ…

イタリア食の歴史 シチリア島 6

// 前回は古代ローマの珍味やユネスコ世界遺産Villa Romana del Casaleのモザイクがで当時の様子を楽しめるとご紹介いたしました。 今日はその続きです。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 535年東ローマ帝国(ビザンチン帝国)の支配下(-827年…

イタリアで違いを感じたこと - 6 - 住環境 1

// 仏閣建築でない限り伝統的には「木材+紙」から現代では耐震化で100年前後かコンクリートの耐久性で50年と言われる「耐震+建て替え」の住環境が普通の日本ですが、イタリアは基本的に昔から残ってる「石」造りの住環境。 今日は住環境の違いについてお伝…

イタリア 5月のお祭り Festa dei Ceri

// 前回5月のお祭りでアッシジのCalendimaggioを紹介いたしました。 今回は同じウンブリア州のGubbio(グッビオ)で5月15日に行われるお祭り。 お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 グッビオはペルージャから北北東約40kmにある約3万人の街。 グランデ…

イタリア食の歴史 シチリア島 5

// ローマ人たちも塩漬けやSalamoia(塩分5%以上の塩水漬け)の保存食がビジネスになることに気づき、vaso salsamentaria(塩漬け用の壺)でsalsa(=当時は塩漬け魚)を輸送し始めた。 Salsamentariaという乾物屋類としてシチリアでは近年まで名残があった。 …