Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

世界のチョイおもしろニュース 12月22日編

f:id:grazieatutti:20181218103417j:plain

クリスマスがどんどん近づいてきましたね。

この3連休は天気が不安定ですが、準備にお忙しいことでしょう。

毎週土曜日恒例のイタリアで配信されてる世界のチョイおもしろニュース。

 

お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

   

 

12月18日のニュースでは、アメリカ合衆国ミズーリ州で9ヶ月の捜査の結果、密猟者Aに下された判決。

Aは何年も鹿を密猟し角だけ獲って体はそのまま腐乱させた罪で一年間刑務所へ。ここまでは別に驚くべきことではなく。。。

f:id:grazieatutti:20181221200220j:plain

一年間毎月1回「バンビ」の映画を見ることが付帯されたそうです。1942年に公開されたこの映画はみなさんご存知のように母鹿が密猟者に殺され残った子鹿のストーリー。

ほっこりするものの・・・このような輩の心に裁判官の想い届くんでしょうかね。

 

同日にもう一つ。

イタリアのサルデーニャ島

それはそれはどこもここも素晴らしく綺麗な砂浜とエメラルドの遠浅の海が楽しめ、欧米人たちがバカンスを過ごす「地上の極楽」なんです。。。(海の好きな方々には!)

島南部の国際線も発着するカリアリ市(Cagliari)から西へ約50kmの素晴らしい自然いっぱいでサルデーニャ島を代表するキーア(Chia)砂丘からス・ジュデウビーチ(Su Giudeu)にかけてス・ジュデウ島を目の前に見える信じられないほど素晴らしいビーチ一体約4ヘクタールを購入しようとした外国人が登場。

f:id:grazieatutti:20181221200306j:plain

土地の買い漁りは某隣国だけではなく欧州へはアラブ豪族の魔の手が。。。

金額10万ユーロ(約1300万円)を考えれば、アラブ豪族にとっては。。。そこへ立ち向かったのが現地の自然保護団体

 

   

 

自分たちの島を代表するこの場所を、我が島民たちから奪い、どのように扱われるかわらない外国人に手放すなど。。。と持ち主と協議を重ね入手。

現状のまま維持し、地元民や多くの観光客に例年通り楽しんでもらいたい。と。

日本にもこんなことになってる場所多くないですか???

f:id:grazieatutti:20181221200345j:plain

ス・ジュデウビーチ。。。

3シーズン続けて毎年2週間ほど行ったところなので一安心。

それはもう本当に海が綺麗。風が強いので日焼け度合いが認識できませんが、ミラノに戻ったら「お前さあ前も後ろもわからんなあ。」と社長もスタッフも呆れるほどの焦げ具合。(ミラノからカリアリまで1時間半で行けちゃうんです。LLCもあるんで片道五千円ほどで)

 

そして最後は、このちょっとニマっとさせられる動画。。。

コメントは控えますが、車がお好きな方が見たらすぐ電気自動車テスラとお分かりになりますが。。。彼女は一生懸命に給油しようと穴探ししてるんです。

www.youtube.com

 

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

         ↓↓↓  もしよかったこちらも覗いてみて下さい ↓↓↓