Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

イタリア 友達  ユダヤ教徒のトルコ人 (10-3-5)

優秀な奇人変人」や「赤子が小学生低学年の手をひねる」& 「悶絶寸前の苦行」「夏の愚行」で思いもよらない体験ができる国外で知り合う友達の醍醐味(?)をご紹介致しました。

 

今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

   

優秀な奇人変人」で集まってた中に、バリバリのユダヤ教徒アメリカ人となんとなく緩いトルコ人のおかげで違う宗教文化に触れる機会も。

トルコ人は交換留学生の期間が終わっても仕事でイスタンブールからよくミラノに、顧客のアテンドが終わる週末は我が家の居候に。

 

ちょうど1999年のカンヌ映画祭で話題になった映画があるから観に行こうと誘われたのが『Kadosh 』

www.youtube.com 需要がなかったのでしょう国内配給された様子はありません。

 

宗教上の偏見は「ほとんど」ないものの。。。中々の偏り具合。

知らない世界と共に考えさせられる内容。他にもラビンの敬虔過ぎる習慣を取り上げる映画にも付き合わされ。。。押し売り勧誘さえされなければ、ただ「なるほど」と。

   

・・・それから数ヶ月後、アイシャ(=Aicha)と言う名前の女性から携帯に電話が、「イスタンブールの友達からミラノに行ったら是非ご飯に連れてってもらうといいって紹介されたの。」と。

当時の仕事関連で声のキレイな方や飲み仲間のトルコ女性には「天は二物を与えず」だったので、何も考えず出かけたら。。。 イタリア人全員振り返る(@@)見たことないアラビアンビューティー&モデルクラスの女性現る!!!

後からイスタンブールの変人くんに聞けば、5年付き合った元カノでオスマントルコ帝国時代の総督の血を引く家系のお嬢さんとのこと。(彼は背も高くなくゴッツイく毛むくじゃらでハゲてて。。。日本ならモテそうにない系。現代版の「美女と野獣」)

1996年フランスで大流行りイタリアでも流行ったこの曲がラジオから流れる度に。。。


Khaled - Aicha

 

それから数年後変人くん結婚すると連絡が。

日本からのビジターアテンド残念ながら行けないと返答したところ、ワインを送って欲しいと。。。白・赤・スプマンテ50ケースずつ結婚祝いに。。。

 

・・・ユダヤ教徒は奥さんになる女性を改宗させてユダヤ教徒にするはずなのに、なんとアラブ人とそのまま結婚Σ(・□・;)。 色んな人がいるんですね。

 

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

         ↓↓↓  もしよかったこちらも覗いてみて下さい ↓↓↓