Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

イタリア語の面白い表現 3 - 7 Pazzo & Pazzo scatenato と Sogni d’oro

日々強い照り返しで焼肉になった気分。。。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。。。

 

イタリア語の面白い表現は「野菜で人を表現」「動物で表現」するなどをご紹介してますが、今日はレベルの違いを表現する言葉です。

 

今日もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

   

国内ではあまりお目にかかれなかった「奇人・変人」シリーズ (12345)をご紹介しましたが、

 

伊和辞典でPazzo(=パッツォ)を調べると、

Pazzo (男性名詞・-aで終わる) : 1. 狂人  2. 変人・奇人・熱狂者

 

と書かれています。十分かとも思われますが、彼の地は日本とは違うレベルの輩がゴロゴロしている場所。一般的にこの分野には会話に使われるもう一つ上のカテゴリーがあります。

 

Pazzoはボチボチ可愛らしい変人。

f:id:grazieatutti:20180724103905j:plain

 

ヤバイ奴をPazzo scatenato(=パッツォスカテナート)と『仕分け』ます。

例えばスノボを教えてくれた奴などが入りますが、文字通り直訳すれば

「鎖を解き放たれた変人」。

The 怒鳴る do トランプ  ?

・・・まあ 違うとも。。。

 

「超ヤバイ奴」の表現方法もこんなに違うんです。

逆説的に考えれば、普通のPazzoはどこかが繋がった状態と言うことでしょうか・・・ね。

 

パッツォ スカテナート(=Pazzo scatenato)は一人の時、複数(集団)になるとパッツィスカテナーティ(=Pazzi scatenati) に。危険ですよね〜 怖いですね〜

   

関連性ない「おやすみ〜」、

就寝前には日本と同じように「おやすみなさい」の挨拶=ブオーナノッテ(Buona notte)を交わしますが、最後に「良い夢を〜」の意を含んだ挨拶を付け加えます。

 

なかなかステキな挨拶とは思いませんか ?

 

ただ。。。

 

ソンニドーロ(=Sogni d’oro) 『黄金の夢を〜』

f:id:grazieatutti:20180724103835j:plain

と言います。 なんかチカチカして目が覚めちゃいませんか ?

さもなければ、覚めたくない現実からの。。。でしょうかね。

実際には「黄金のように、価値がある夢が見れますように」との願いが込められてるようです。

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

         ↓↓↓  もしよかったこちらも覗いてみて下さい ↓↓↓