Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

将来来たる難民問題に備え 3-2 イタリアの「外人問題」を「外人」が考える

前回『「難民問題」より以前からある問題「外人」について「外人」が紹介 その1』の続きです。

 

本題の難民問題はこちらをご覧下さい。

イタリアとフランス間で大事件勃発」「将来来たる難民問題の予習

 

お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

   

 

イタリアの政治は首都ローマ、証券取引所がある金融取引やファッションなど商業・経済ではミラノが主要な役割を果たしています。そのミラノの話。

2017年末のミラノの人口は約135万人(ローマ約287万人:パリ約220万人)で、2018年1月の発表によると正規外国人居住者約26万人 ?!

ほぼ2割(5人に1人)が正規外国人居住者に当たるそうです。

 

2008年のイタリア国立統計研究所(Istat)の統計ではミラノの正規外国人居住者は約17.6万人。トップ3は、フィリピン人15.6%・エジプト人14.3%・中国人11%。 各地域(諸国)で分けるとアジア40%・アフリカ22%・ヨーロッパ20%・アメリカ18%。

f:id:grazieatutti:20181021114750j:plain

ミラノ北西部(サンシーロサッカー場方面)にある幼稚園では、ほぼ100%が外国人のお子さんで、子供だけでなく親もイタリア語の理解度がほぼないか全くない状況を踏まえ、通訳やイタリア文化教育者を雇う必要が出たり、適合できる人員不足も含め経営と教育難で幼稚園12箇所を市が閉鎖。

市全体でも場所により30%〜70%が外国人の子供と言われています。

公立小学校でも外国人比率は5割から7割と非常に高く、言葉が理解できなかったり授業内容のレベル低下が著しい問題に加え、移民や不法滞在者の子供達にも「義務教育」が施されるため、年度途中でもイタリア語不理解が増えることもしばしば、クラスによっては2〜3人のイタリア人の子供と15-16人のイタリア語不理解の子供が一緒になることも。

こうなると更なる問題が発生。

イタリア人両親たちは次なる行動へ、元の地域から市内のイタリア人の多い別の学区へ引越し子供を転校させたり、私立の学校へ転校。私立の学校に転校させればイタリア人家族も経済的に疲弊。

元の地域は一層「外人」だけが残り外人街になりチャイナタウン化や犯罪の増加に繋がり徐々に地域が死んで行く流れに。

 

   

 

フィリピン人など東南アジア人たちはその献身性から(正規・不正規)でホームヘルパーの仕事に就いて、頑張ってる人も老人相手にちょっとコソ泥人も。。。

f:id:grazieatutti:20181021114431j:plain f:id:grazieatutti:20181021114459j:plain

エジプト人たちはピッツァ店で働いたり、エジプトのアエーシ(Aysh :インドのナンに類似)の知識や技術からピッツァの生地や焼き方が上手く、彼らのピッツァ屋は普通のイタリア人ピッツァ屋より時に美味しい店も。

f:id:grazieatutti:20181021114612j:plain f:id:grazieatutti:20181021114545j:plain

 中国人はミラノ記念墓地(Cimitero monumentale)南部パオロ サルピ通り(Via Paolo Sarpi)一体にチャイナタウンを形成(グーグルでもミラノ記念墓地を探すと左下にCHINATOWNと出て来るぐらい)。現金で町中のカフェ・飲食店を買収しジワジワ浸透。。。

こんな迷惑な怪しい看板マッサージ店で摘発されることも。。。(商魂逞しい限り)

f:id:grazieatutti:20181021114718j:plain

 「外人」がミラノの「外人事情」を記しましたが、

ほんの一握りの現地人以外東洋人で人種を言い当てられません。彼らにとって日本人はどちらかと言うと現地でも(!)ご迷惑なご隣人たちと一緒で、最初に「日本人?」と聞かれることよりもまず「チネーゼ?」(=チャイニーズ)と聞かれますし、「エクストラ コムニターリ」=「(ありがたくない)外人」には変わりはありません。

多少とも「人」として認めてもらえれば対応は変わりますが、彼ら彼女らが考える「人」とは、少なくとも「どんな些細なことでも」何かをしてもらった時には必ず自然に笑顔と言葉で相手に「感謝」を伝えられる。基本は最低必須です。さもなければ貴方は不躾な「外人」です。

他の課題は少々ハードルが上がります。。。

ハッキリ自分の意思を伝えなければなりません。意見が言え激論を交わせるほど言葉(+知識)がなければなりません(^^;)

 

イタリア全体の失業率は、2012年から2018年7月まで10%をキープしています。(日本の完全失業率が2.7%。) イタリア人を雇うより外人を雇用する余程の理由がなければ。。。

 

さて、今後の日本の都市が抱えるであろう問題、

過疎化が進む地域に意識の高い移民の方々が住めばありがたい限りですが、どうやって識別しますか ? それほど各民族性の表も裏も知ってますか ?

本人だけでなくやがてやって来る家族関係と思われる遠い親戚までどうやってコントロールできますか ? 

格差を感じさせない様な努力と雰囲気作りは日本人が得意とする分野でしょうか ? 本当にできますか ? 議論をして相手を納得させる技術は ?

相手国の文化・習慣と比較して説明できるほど日本の歴史・文化・良さを他国と違いや「なぜ」を知識として持って伝える準備はできてますか ? 

f:id:grazieatutti:20181021183304j:plain

街・村によっては日本人より外国人が増える将来に行政は準備できてるでしょうか ? 

一般住民は対処大丈夫でしょうか ? 意識や心の準備は ??? 

f:id:grazieatutti:20181021183325j:plain

 愛国心を持って「人」として自国を紹介できる様な熟成度がなければ「難民」にも「独りよがりの異質」人種に映るんではないでしょうか。 

もちろんこちらもあちらも全員「完璧」とは言いませんが(^^;)

 

ヘビーな問題ですよね。 

(・・・今日フンギ ポルチーニについて書こうと思ってたのに。)

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

         ↓↓↓  もしよかったこちらも覗いてみて下さい ↓↓↓