Grazie a tutti !!!

みんなのおかげで !!! 。。。食文化を専門に30数年をイタリア在住したEnogastronomoが書いてます。お役に立てれば。

プラスチック食器に関する欧州の動き

   

世界中のホームパーティーやBBQで使われるものが今欧州で追放され消えようとしています。

 

今日はそんな欧州の食に関する動向情報をお届けいたします。

おつきあいのほどよろしくお願いいたします。

 

日本は分別回収の習慣が定着し持ってきたものは持って帰ると分別ある行動を国民全体が統率され認識度の高い国もあれば、多種多様な人種のるつぼとなる欧州では感知せずポイ捨てする人も結構。。。

f:id:grazieatutti:20180522171218j:plain

おかげで魚が小さくなったチップを餌として食べ、人間に不始末の丁重にお礼する事態が昨今取り上げられました。(どうやって調べたのか知りませんが、少なくとも2500億個 ?! の微小プラスチック...

マイクロプラスチック(0.3〜50mm大)が地中海に浮遊してるとも。)

 

そしてこの5月末、欧州全体である方向に向かい始めました。

   

現行のプラスチック製の皿・コップ・ナイフ・フォーク・スプーン・ストロー・ショッピングバッグ類を6年以内に減産しゆくゆくは生産終了。他にもゴム風船・綿棒・ウエットテイッシュなども。

 

現行のプラスチック製容器をグリーンプラ(生分解性プラスチック)に置き換えて行くようにEU全域で進めようとしています。

 

リサイクルメーカーやグリーンプラメーカーさん達もお忙しい時代ですね。

 

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

   

参考資料

SkyTG24(Italia)

生分解性プラスチック(ウイキペディア)